診療のご案内

石橋先生の水素水ダイジェスト論文

表題:水素分子を高濃度に含有した水の飲用は関節リウマチ患者の
        酸化ストレスと病態活動性を軽減する(非盲検の予備試験)

著者:Ishibashi T, Sato B, Rikitake M, Seo T, Kurokawa R, Hara Y, Naritomi Y, Hara H and Nagao T
雑誌:Med Gas Res, 2012, 2: 27

掲載論文:Ishibashi T, Sato B, Rikitake M, Seo T, Kurokawa R, Hara Y, Naritomi Y, Hara H and Nagao T (2012) : Consumption of water containing a high concentration of molecular hydrogen reduces oxidative stress and disease activity in patients with rheumatoid arthritis : an open-label pilot study. Med Gas Res, 2012, 2: 27.

試験の背景:関節リウマチは骨・軟骨の破壊を特徴とする慢性炎症疾患である。この疾患の病因は不明であるが、活性酸素の一種であるヒドロキシルラジカルが関与していることが示唆されている。最近の研究で、水素分子がヒドロキシルラジカルの選択的な消去物質であることが示されている。また同様に、超高濃度の水素分子を含む水の製造方法が開発されている。そこで、我々は超高濃度の水素水が関節リウマチの酸化ストレスを軽減して、従来の関節リウマチ治療法を補完するのではないかと仮定し、本研究を行った。

試験方法:関節リウマチの関節リウマチ患者さん20人が毎日、530 mLの水素水(4~5 ppm)を4週間継続して飲用し、 その後4週間の中断の後、更に4週間、同様な水素水を飲用した。遺伝子(DNA)の酸化ストレスの指標である尿中8-ヒドロキシデオキシグアニン(8-OHdG)と 病態活動性 (関節の痛み、腫れ、健康状態および血液中のC反応性蛋白値に基づき総合的に点数化したDAS28CRP)をそれぞれの4週間の試験期間の後に測定した。

試験結果:図1に作製した5 ppm水素水の経時変化(図1A)と水素水の1.6 ppmまたは5 ppmを飲用した後の患者さんの呼気中水素濃度(図1B)を示した。5 ppm水素水は作製後、1時間以内であれば4 ppm以上の濃度が維持されていた。また、患者さんの呼気中水素濃度は1.6 ppmの飽和水素水飲用の場合(●のマーク)に比べて5 ppmの超過飽和水素水飲用の場合(■のマーク)がより高い呼気中水素濃度を示した。

水素水図1.jpg

図1 水素水の経時的濃度変化(A)と水素水の1.6 ppm(●) または5 ppm(■)を飲用した後の呼気中水素濃度(B) (Ishibasi T et al, 2012の文献から改変し引用)

図2に尿中の8-OHdG濃度の変化を、また図3にリウマチの活動性の指標であるDAS28CRPの変化を示した。 最初の4週後で尿中の8-OHdG濃度が有意に減少し、その減少割合は約14.3%(危険率が1%未満)であった。 また、DAS28CRPも3.83から3.02に減少し、その減少も統計的に有意(危険率が1%未満)であった。 4週間の中断(8週)後に同様な4週間(12週まで)の飲用試験(2回目)を行ったところ、残念ながら8-OHdG濃度はそれ以上下がらなかったが、 DAS28CRPは8週後に比べて12週後では2.83から2.26に減少し、統計的に有意な(危険率が1%未満)減少であった。 さらに、初期の患者さん(関節リウマチになって1年未満の患者さん)5人は完解(病気による症状が好転または、ほぼ消失し、臨床的問題がない状態)を示し、 その内4人の患者さんは試験終了時に無症状となった。

水素水図2.jpg

図2 水素水を飲用した関節リウマチ患者さんの尿中8-OHdGの変化
(Ishibasi T et al, 2012の文献から改変し引用)

水素水図3.jpg

図3 水素水を飲用した関節リウマチ患者さんのDAS28CRPの変化
(Ishibashi T et al, 2012の文献から改変し引用)

結論:本試験の条件で活性酸素の一種であるヒドロキシルラジカルの消去物質である水素分子が患者さんの酸化ストレスを効果的に軽減することが示唆された。 関節リウマチの症状は高濃度水素水で改善された。